当社独自の売買手法とは?

多くのサイトで、「確立した売買手法」「独自の売買手法」という言葉を見かけます。しかし、その手法を詳細に説明したサイトはありません。ぼんやりとしたイメージしか伝わってきません。

では当社のオリジナル売買手法とは、いったい、どんなものなのか?他社と何が違うのか?といったことを、分かりやすく解説いたします。


他人を真似ると・・・?

「確立した売買手法」を持っている会社や個人トレーダーは、一定数存在します。しかし、その売買手法を真似して全て自分で行い、卓上のパフォーマンス実績(右肩上がりのグラフ)を手に入れられる方は、皆無だと言っても過言ではありません。

商品先物取引の個人投資家の多くは、本業の仕事をこなしながら売買を行います。多忙でタイミングを逃すことも考えられます。また、気分や感情的な理由で、売買手法通りの売買が完璧に出来る方は、殆どいません。

このような個人投資家の悩みや弱点を克服できるのが、当社の個別アドバイスです。当社では、売買の際には、成立した値段、枚数の確認をさせて頂いております。そうすることで、漏れなく「確立された売買手法」を活かす事ができるのです。


テクニカル分析は有効か?

テクニカル分析は、将来の取引価格の動きを過去の価格、出来高等のデータから、現在の価格が買われ過ぎなのか、売られ過ぎなのか、上昇トレンドなのか下落トレンドなのかを、あらゆる指標を用いて分析していく方法です。商品先物取引の売買判断で、欠かす事の出来ない分析方法です。

ただし、以下のような弱点も持ち合わせています。

  • 突発的な動きには対応が難しい。
  • 騙しに合うリスクがある。
  • エントリーが出遅れる。

これらの弱点を良く理解した上で、応用する必要があります。


トレンドとは?

商品先物取引で勝ち続けるためには、テクニカル分析の手法の中から、『相場のトレンドを読み取る力』も必要です。

どんな世界にも、『流れ』というものがあります。流行、時代の流れ、潮流、傾向・・・。これらはもちろん、相場にも存在します。大きな流れが存在するのなら、その流れに逆らっていては、いつまでたっても波に乗ることはできません。

相場のトレンドとは、数多くの条件や複数の力が複雑に絡み合って成り立っています。簡単に読み取れるものではありません。


当社独自の売買手法とは?

正しい投資法・売買手法は、多数存在すると考えられます。運用には、各自のニーズに合った投資対象、売買手法を上手く取り入れる事が大切になります。

当社は、さまざまな売買手法を参考にしております。それぞれの長所短所を見極めて、その時々に適合した売買手法を独自に採用するよう、徹底して努めております。その上で、トレンドの先読みを得意とし、独自のマーケット理論を構築しています。

長年蓄積した、効果的な運用が実証された売買手法やマーケット理論を利用することで、トレンドの先読みを試みて、パフォーマンス向上を図っています。

テクニカルやシステム売買の長所は最大限活かした上で弱点を排除し、更に複数のオリジナル売買手法を融合しています。また、各銘柄の国内外内部要因分析による大衆心理やポジション構成なども、重要な売買判断に取り入れています。

大学時代の友人の多くが金融関係の会社に就職しており、現在では、ファンド会社の代表や証券会社役員として活躍している者もおります。その人脈を生かした情報収集は、当社の会員様の利益提供にも大いに役立っています。


まずは無料で、当社の実力をお試し下さい。

  • 何故、負け続けているのか・・・?
  • どうしたら利益を上げられるようになるのか・・・?

先物取引の成功報酬コンサルタントが、無料相談であなたの問題点を指摘し、改善策をご提示します。

無料相談は、こちらから>>